SQLite.hに書いてあった免責事項の代わりの祈りの言葉

つたない英語で訳してみた。

**    May you do good and not evil.
**    May you find forgiveness for yourself and forgive others.
**    May you share freely, never taking more than you give.
  • あなたが良い行いをし、悪い行いをしませんように
  • あなたが寛容さをもつようになり、そして他人に寛容でありますように
  • あなたが自由に共有し、あなたが得た物より多くのものを与えられるようになりますように

WiMAXが突然電波良好になった。

12月にエリア改善フォームを送信したのが良かったのかわかんないけど、部屋の中で十分な電波を拾えるようになりました。
やったね!!
我慢してて良かった。

Router::Simpleいいね

RestなWebアプリケーションでは一意なURLとHTTPメソッドによって処理を行う。そういった目的ではURLとそれに対応する処理へディスパッチするライブラリが開発されている。
CGI環境変数のPATH_INFOとHTTPメソッドを使用するということになるが、煩雑な処理であるため、便利なライブラリを使用したいところ。
そういう状況にピッタリなライブラリがRouter::Simple。

HTTPメソッドとURLによって処理を決定するWebアプリケーションの形そのままに記述できるフレームワークは、Rubyで開発されたSinatraから「Sinatraライクな」と呼ばれることになるが、Router::Simpleでは「Sinatraライク」に記述することも可能に"することができる"。それはCPANのドキュメントに記載されている。

Restなアプリケーションを作るにあたって、ウェブブラウザが使えるHTTPメソッドは残念ながらGETとPOSTしかない。その為、X-HTTP-METHOD-OVERRIDEというヘッダを使用した方法があるそうな。
PlackではPlack::Middleware::MethodOverrideを読み込むことでPUTにもDELETEにも対応できる。

これとRouter::Simpleを組みあわせるとPlackでRestなアプリが作れそう。
(それなら始めからAmon2を使えば? とか言われそうだけどw)

西宮いってきました。

十日えびすの準備日になってたようで、出店の設営まっさかり。
「酒蔵通り煉瓦館」で試飲。ガラス工房できれいな器など眺め、かもみそいいなと思いつつも次「白鹿クラッシック」でまた試飲。氷で冷やしてある甘酒がおいしかった。

試飲じゃものたりない感がちょうど発生してきたころ「白鷹禄水苑」に到着。蔵BARで季節の飲み比べセットを頼む。BARっていう感じじゃないけど、日本酒を飲むには緊張せずのめるピッタリの雰囲気。


おなかもすいたのでにゅうめん(小)を食べた。
麺がしっかりしていて、椎茸もおいしい。

お土産コーナーで酒粕チーズケーキと沖漬風焼き烏賊と、芋金鍔(定休日だったので本店で買えなかった)を購入。2月5日の酒祭り行けるかなー?

さて、おいしいお酒で満たされた後は、えびす神社でマグロみにいく。
鳥居潜ったら設営真っ最中w でも参拝客も意外と多かった。

毎年買ってる鯛みくじ。今年は半吉

十日えびす本番では出店で見えなくなってる本来の商店街も垣間見えたので新鮮でしたな。

西宮駅で、「はがくれ」に入店。ランチセットを頼むが、大誤算の量。晩御飯は回転寿司にしようって言ってたのに、おなかいっぱいで夕方寿司屋にいっても食べられないくらいお腹が膨らんでしまったw
次回はうどん一玉だけにしとこうと決めまんた。

以上、西宮いってきたよ報告でした。
今年もいいことがありますよーに。